カプラブロック専門店・KAPLA積木を全国通販いたします

最初は小さいものから

最初は小さいものから

幼稚園年長さんと遊びます


カプラ積み木遊び年長さん

年長さんとお母さんとで遊びました。

カプラ積み木で遊んだ事のある子どもは、イメージを作りやすいのですが、
初めての子は中々とっつきにくい時もあります。
そんな時には、僕は小さなものからいっしょに作り始めます。



カプラ積木展開例

「○○くんのおうちはどんなお風呂かな?丸いかな四角いかな」
「四角~~おっきいよ」


そんな会話をしながらお風呂を作ります。


積木カプラ遊び方

テーブルや椅子など作って手先が慣れてくると
いげた型に組んで高く積みたくなってきます。


kapla積木

自分の背の高さに近くなってくると
かなり集中が必要です。
指先だけでなく
体全体に意識がいきわたっているのが分かります。


この頃に、近くの塔と橋を架けてあげましょう。
イメージが膨らみますし、
安定して崩れにくくなります。


「この子がこんなに長時間集中するなんて・・・」
お母さんもびっくりしていますが、
子どもたちは楽しいことにかけては
何時間でも集中しますよね(^-^)






男の子の背が届かなくなると
今度はお母さんの登場!


カプラ積木お遊び会

「まぁ見てなさい」

慎重に慎重にカプラ積木を乗せていきます。
かなり危うい感じに!!!






「わ~~~もうやめてよ~~」






男の子の必死な顔が
かわいいです。




子ども達の遊びの様子をもっと見る>>>>こちらです

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional